スポンサーサイト

Posted by ダイツネ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足音のバラード

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

若い時から歌ばっかり歌っている。

しかしその歌が古い。

今の歌はまったく覚えられないが、

若い時に覚えた歌は今でもそらで歌える。

最近よく口ずさむのは


薬師丸ひろこ『セーラー服と機関銃』 (来生たかお 夢の途中)

ギャートルズの終わりの歌 『やつらの足音のバラード』


マチャアキの『街の灯り』も心に届くええ歌だ。

河島英五、吉田拓郎『落陽』甲斐バンド、大滝詠一


高橋真梨子、アンルイス、ちあきなおみ 『喝采』、八神純子、 中島みゆき


高橋真梨子の『遥かな人へ』や中島みゆきの『ホームにて』 は泣ける。

内藤やす子の『弟よ』や『思い出ぼろぼろ』も和製ブルースで渋かった。



セーラー服と機関銃は、ツレと電車に乗ってわざわざ映画を見に行った憶えがあるな~。

坊主頭の中二だった。



年々、口ずさむ歌が古くなっていく自分。

毎日、生まれては忘れ去られていく歌。

でもええ歌はちゃんと自分の心に残ってるもんやね^^

スポンサーサイト

Comment

tarou says... "あなた自身が・・・!"
ツネさん

「年々、口ずさむ歌が古くなっていく」ではなく
あなた自身が、古くなって行っているのです。
違いますか?(笑)

心を癒すのは、過去の心に残る歌です。
だから、ついつい口ずさんでしまうのです。
2010.07.15 21:02 | URL | #q9vW16Ng [edit]
ダイツネ says... ""
tarouさん>

>あなた自身が、古くなって行っているのです。
 違いますか?(笑)

その通りです!^^
でも歳をとった自分もまたええ感じです!

古き良き日本のもの残していきたい^^
2010.07.16 22:56 | URL | #s1LjQTHM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dshokunin.blog105.fc2.com/tb.php/341-e7912494
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。