スポンサーサイト

Posted by ダイツネ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本

Posted by ダイツネ on   6 comments   0 trackback

まだ機械が無い時代の家は

自然の木・土・紙・草でそれぞれの職人達で家を造っていた。

木は大工や建具屋。

土は左官屋。

紙は建具屋。

草は屋根屋と畳屋。

時代は移り、家に使われる物も変わる。

木は減り新建材が増え土はほとんど使われない。

紙もビニールに変わり草なんて今の家では見ない家ばかり。

でも日本の住文化を支えてきたのは今仕事が激減している

左官、建具、畳屋さん達。

家を建てるなら職人を使おう。

そして自分ら職人達も使われる職人になろう。

日本の風土に合った家を、建てる人も、造る人も思い出そう。

スポンサーサイト

Comment

yk says... ""
確かにそうですね・・・

新建材が増え、職人さんが減ってしまいますよね。。。
左官などは、高齢化もあって・・・もっと伝統を伝授できる世の中にならないとだめですよね!!

何か考えないと!!
2009.09.16 10:31 | URL | #- [edit]
tarou says... "これでも大工!"
ツネさん!

お疲れ様です。
最近、分譲住宅の大工を見るとびっくりします。
それは、「外人さん」が多くなったことです。
「外人さん」が悪いと言うことではなく多くなったこと。
そして工具が「釘打ち機」と「丸のこ」のみです。
予算がない分譲の家は、人件費が安い、
「にわか大工」の「外人さん」に尽きるということです。
材料も積層材がほとんどで狂う心配もなく。
大工さんの工期も30~40日で仕上がります。

日本古来の「家づくり」は、どこへ行ってしまったのでしょうか!


2009.09.16 23:04 | URL | #q9vW16Ng [edit]
ダイツネ says... ""
わいやん>

職人不足で高齢化問題もほんまに現実的な話しやね!

地元で畳屋さんは跡取りがなく自分の代で終わりという
人も何軒もある。
左官屋、建具屋も同じ状況だわ・・・・

だからこそ自分達も職人が造る家の良さをしってもらうために
多くの職人を使った家造りをしよう^^


tarouさん>

名古屋の方ではそういう現場があるんですね!

まだコッチではあまり見かけません。
今の家は合板フロアーとプラスターが張れれば
造作出来る家だから修行しなくても出来る。

簡単、便利ばかりでは自分達の首を絞めるだけやね。
自分は職人の家造りを守っていきます^^

2009.09.17 07:44 | URL | #s1LjQTHM [edit]
ビルダーナース says... ""
職人不足は深刻ですね・・・
私もこのままでは古来の家づくりが失われてしまわないか、心配です。
それもあって「自立する工務店の会」を立ち上げたわけですが。。。
どうしたらいいかわからないという職人さんには、みんなで協力して色々情報を伝えますので、お近くにそういう方がいたら、紹介くださいね。
2009.09.17 11:56 | URL | #- [edit]
どんぐり says... ""
毎度です!

昨日はありがとうございました!

かなり積極的な活動をしてますね^^

現場で左官屋さんとの交渉に耳を傾けてたら

熱さがこっちまで伝わりましたよっ!
2009.09.18 08:23 | URL | #- [edit]
ダイツネ says... ""
ビルちゃん>

思いはや願いは叶う。

自分達の将来は自分達で守っていくという強い気持ちがまずは大事。

日伸のおっちゃんがええ手本で自分も刺激受けてます^^


ぐりやん>

ぐりやん昨日はおおきに!

またあーたとええ話が出来たな~^^
そして素晴らしい質のフローリングにみな感動した!

あの左官屋さんとの話は今日OKもらえたんで良かった!
熱は伝わると再認識^^

2009.09.18 17:25 | URL | #s1LjQTHM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dshokunin.blog105.fc2.com/tb.php/255-bd47c11b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。