スポンサーサイト

Posted by ダイツネ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矩計

Posted by ダイツネ on   7 comments   0 trackback

大工は家を建てる。

指矩(さしがね)と建竿(けんざお)で家を建てる。

建竿は指矩の長くしたもの。

建竿は2種類あり寸法をしるしたものと高さを記したものがある。

寸法を記した建竿は約4000mm×45mm×40mmの竿に1尺単位で記しをし

高さを記した建竿は矩計(かなばかり)と言い約4000mm×45mm×40mm竿に

材料や建具など色んな高さが書き込んである。

家ごとに矩計は違うので建てる時に毎回作るのが矩計です。

こうした技術や知識は昔から受け継がれてきたけど

しかし今家を建てるのはほとんどプレカット。

矩計を作り墨して刻まない家がほとんどになってきている。

工場の機械で材料を刻み後は現場で大工が組み立てるだけ。


指矩は道具屋で売ってるし建竿は寸法を竿に写せば誰でも作れる。

しかし矩計は修行をして経験を積んだ者しか作ることが出来ない。

このまま大工までプレカットに頼ればあと何十年かで矩計を作り

墨して刻める大工が居なくなってしまう可能性がある。

歴史ある日本独自の美しい建築の工法を自分達の世代で

消さないためにも墨して刻もう。

大工にしか出来ない家造り。

自分達の親方の教えが今生きる時。

大手メーカーと競うのではなく自分を磨こう。

スポンサーサイト

Comment

tarou says... "そうですね!"
つねさん!

本来は、そうですね。
だんだん日本建築の良さがなくなって行きますね。
図面一つを見ても、板切れに墨で図面を書いて
それで刻みから建て方までが出来たのに・・・!
ツネさんだけは、いつまでもそんな大工でいてください。
2009.09.07 21:27 | URL | #q9vW16Ng [edit]
つねさんへ says... "時代の変化ですね"
つねさんらしいと思いました。
建築だけではなくさまざまな分野で日本の古くから伝わる歴史が変化していきますね。
こだわりがあるというのは職人らしくていいと思います。
ただ、どちらにも一長一短あるのではないでしょうか?
あとは、エンドユーザーにとって価値のあるものかどうか?とか伝え方だったり。。。
エンドユーザーも十人十色ですものね。
自分を磨くことは私も自分自身の課題です。
輝かせてくれるパートナーがいるともっと最高です。
2009.09.08 15:20 | URL | #NI.Wz2sQ [edit]
yk says... ""
確かにそうなんですよね。。。

このままプレカットや大手ハウスメーカーが増えると、大工さんの技術がなくなってきてしまいますよね。。。

自分もそれはすごく感じています><

でも、ダイツネさんのような考え方がある限り、0にはならないですよね!!
絶対に0にならないように、して行きたいですよね~♪

自分を磨くかぁ~いい言葉ですね^^ノシ
2009.09.08 17:22 | URL | #- [edit]
デーク says... "そうですね。"
最近、墨付け・きざみ、全然やらないから墨つぼもカピカピで叩きノミもサビサビで・・・。
ひさしぶりに手入れして使いました。
2009.09.08 18:02 | URL | #3/TgBrDM [edit]
タッキー says... "はじめまして"
ダイツネさんの仰るとおり、墨付けのできる職人がどんどん減っていることでしょうね・・・

私の会社でも、工期の事もあって、小規模な増築以外ほとんどプレカットになってしまいました。

目指す方向をしっかりと定めて、自分を磨いて行くことが大切なのかも知れませんね。
2009.09.09 05:25 | URL | #- [edit]
建築アトリエ夢空間 says... "こんにちは"
そうですね。
確かに今はほとんどプレカット。
これじゃプレカットの技術は上がっても大工さんの腕が心配になってきますよね。
自分を磨く。
いい言葉ですね。
僕も頑張らないと。。
2009.09.09 17:24 | URL | #- [edit]
ダイツネ says... ""
tarouさん>

今進行中の話は墨して刻む方向で進めています!
住宅もこの15年くらいで大きく変化したけど
やっぱり原点に帰ってきたと思う^^

温故知新。

そんな家造りを目指していきます!

risaちゃん>

>エンドユーザーにとって価値のあるものかどうか?とか伝え方だったり。。。
エンドユーザーも十人十色ですものね。

risaちゃんが言うココの部分は大事なところ。
大工自身、自分が造りたい家を押し付けるような事はしない。
ものすごい情報量の中からしっかりとしたものを見極める
力をまず自分が身に付けお施主さんに伝える事が大切。

自信は行動から生まれるもの。
向上心を持って行動や^^

わいやん>

これはほんまに深刻な問題。

自分達の世代で終わってはあかん。
大工がネットワークをもっと意識して広げて
対応しないとほんまに終わってしまう。

そんな事にならんように頑張るよ^^

デーク>

自分らがあぐらかいとったでこんなんなったと思うで。

まっとお互い頑張らめぇ!

次の世代のために。


タッキーさん>

はじめまして。
訪問とコメントおおきにです!^^

それぞれの事業所で諸事情がありプレカットになって
しまうと思います。

工期も今はなぜか大手メーカーとは違う家を造ってるはず
なのに大手の工期が一般基準になっています。

こんなブログやけどまた情報交換していきましょう^^
よろしくお願いします!


ゆめやん>

ほんまに後何十年もしたら刻める大工が居なくなってしまう。
そんな気がする。

便利、早いは決して悪いことじゃない。
要はバランス。
自分らが丁度ええを考えていこう^^








2009.09.10 00:07 | URL | #s1LjQTHM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dshokunin.blog105.fc2.com/tb.php/253-2707a62e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。