スポンサーサイト

Posted by ダイツネ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の一年

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

今年も残り四日。

東日本大震災に始まり、台風など自然災害などが多く
日本にとって大変な一年だった。

復興に向けて他人ができること、自分ができることに
善し悪しもない。

自分ができることを正直に真面目にやる。それだけ。
自分にできるのは、家を造ること。
ええ家を造ること。
ええ家とはなんだ?と考えた今年の家つくり。
そして造った家に、より自信の持てた一年だった。

それを支えてくれた家族、仕事仲間、ブログ仲間、facebook仲間
関係者の方々、そしてお施主さんの皆さん本当におおきにでした!

ご縁があるひとも、これからご縁が始まる皆さんにも
来年、幸が多い一年になるようお祈りしています!

やっぱり一年の締め括りも、ご縁に感謝です!
おおきに(^^) 良いお年を!





スポンサーサイト

熱い遠州

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

先週の土曜日に、facebookで知り合った大工さんのところへ行ってきました。

場所は遠州浜松市。


今回の目的は、同年で苗字も一緒の岩田建築さんに会うのと、
材木屋のカワイさんが主催する、大工村.comのイベントを見学して勉強することでした。

浜松で岩田さん川合さん、大村さんと話すうちに
考えていることや、思っていることが同じ事に気付き、すぐに意気投合。
岩田さんらの温かい気持ちのおかげで、楽しい時間を過ごす事ができた。

でも大工、材木屋、浜松市としてやってる事は、自分らよりも知多半島よりもずっと先。
地域ブログの活用や、地域の工務店、大工が造る家を載せた本の出版、
そして、材木屋カワイさんが実践している工務店支援も素晴らしいもんだった。


全国にはまだまだ自分の知らない事を実践し頑張っている工務店仲間がいる。
行動知るためには、先ずは自ら行動すること。
またどっか楽しい人が近県でいれば会いに行こう。

画像 2118

帰りにもらった三ヶ日みかん。美味さにびっくりでした!
岩田さん、川合さん、大村さん、YAMAHAさんおおきにでした^^
皆さんとのご縁に感謝!!


Category :

日本の親父

Posted by ダイツネ on   4 comments   0 trackback

いよいよ12月も半ばになり、年末へと向かっている。

TVのニュースやfacebookでは、明るい話題よりも暗い話題が相変わらず多い。


みんな忘れてんじゃねえか?
楽しい事やおもしれー事。
そんな自分もすぐに忘れてしまいがちだが、我にかえる速さは年々スピードアップや。


大人になりたくない子供が増えてるそうだが、
今の大人を見ると自分もやっぱりなりたくねえ。
自分が子供の頃は、早く大人になりたくて仕方がなかった。
親父や近所のおっさん、学校先生らを見てそう育った。


世の中ええことも悪いこともあるのは当たり前。
でも楽しさや面白く生きるのは自分次第。
せめて自分は自分とこの息子に、早く大人になりてえ!と思わせる大人でいたい。
そんな親父が増えれば、日本も明るいニュースも増えるだろう。


12月10日 木工倶楽部

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

先週の土曜日は、今年最後の木工倶楽部を開催しました!
午前4名、午後6名の参加。
参加してくれた皆さんおおきにでした^^


今年最後の作品はこの三作品~♪

ペット用収納  画像 2096

まだ参加が5回ぐらいの方の作品です!
カントリー雑貨が好きで木工倶楽部で挑戦しています^^
来年の初木工で完成予定です。


画像 2097  コミック本棚

参加するときはいつも親子で参加してくれる、あんこさんとあずきちゃんの作品!
端材を見てから作るものを決めています。プロみたいや~^^


    画像 2099


いつも人とはちょっと違うものを作るSさん^^
『何を作ってるの?』と興味惹かれる作品つくりをしています!


今年もたくさん端材から作品が生まれました。
自分のために作る人、人のための思いを込めて作る人、作る事が好きな人。
どんな思いやカタチであっても、全てが素晴らしい作品ばかりでした。
また来年も部員さんらのアイデアでどんな作品が生まれるか楽しみです^^

今年一年、本当に部員の皆さんにはお世話になりおおきにでした!
心から御礼申し上げます。
また来年も木工倶楽部をよろしくお願いします!



進む道

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

先日、大阪に行った時に30代の若い大工さ二人と話す機会があった。
前田木材のぐりやんの後輩で独立してやってる
山本建築さんと塩野工務店さん。
日伸のおっちゃんとこにも応援に行ってるぐらいだから技術と経験はある。
今は手間請けの仕事をしているが、いつか元請としてやりたい気持ちを持っている。


自分が独立した理由は、ダイツネ工務店の家を建てたかった。
他の工務店の家を建てるために大工になった訳じゃない。
手間請けで自分はやっていくという志があればそれも大工の道。

なんの問題もない。

でも設計、施工からすべて自分でやってみたいという気持ちがあるなら
建てる技や知識や経験を自分の家つくりのために使っていない。


自分も6年~7年ぐらい前から手間請けを多くやらせてもらっていたが
『もし、手間の仕事が無くなったらどうやって生活していくのだろう』と考えた時があった。

希望と不安。

それは誰でも持ってるもので、肝は自分の目的を果たすために今、動いているか。


これから独立を目指す若い大工さんには、迷わず夢や目的に挑戦してほしい。
そのためには応援し合う仲間をしっかり作る事。
ええ仲間がおりゃなんとかなる。


自分が建てた家は次世代へと残っていく。
がんばれ!山本、塩野!





美浜町A様邸 造作工事

Posted by ダイツネ on   4 comments   0 trackback

画像 2084

美浜町A様邸工事が順調に進んでいます!
外壁は旭トステムの金属Danサイディングで現在施工中。


中造作は床組みから始まり、天井工事を進めるためにリビングにはタワーを設置。
画像 2092


南面にはW2700×H2500の変速引き違いサッシを2本取り付けたので明るいです^^
画像 2094

和室の畳下の床板には羽目板杉の赤味を使用。
画像 2090

畳のためにはコンパネでなく、湿気を吸う無垢の板を張るのがオススメ。
羽目板なら空いてくる心配もありません。
見えない所でも木を活かして使ってます。


木を見せる事が『木の家つくり』ではなく、

木を適材適所で使い、活かすの事が、大工の木の家つくりです^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。