スポンサーサイト

Posted by ダイツネ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3寸角

Posted by ダイツネ on   6 comments   0 trackback

今日、ifone4を初めて見た。



知り合いが予約して買ったらしいが、なんだかようわからんがスゴイ!


ありゃ小さなパソコンだわ。


自分はdocomoの携帯電話を使っているので、あまり興味が無かったけど

見て触って欲しくなった。


ふと、ipadはどうなんだろうと思い検索して見たら

ipadはもっとすごそうだ!


う~ん、ipadも欲しい。


でも両方欲しい言うたら、多分嫁はんに3寸角で叩かれるにちがいない。


ここは危険を回避してipad1本に絞ってみよう。


じぜんかいひってやつだな。


打ち合わせでipad。

ダイツネ久々に燃えてる。

スポンサーサイト

不完全な家

Posted by ダイツネ on   3 comments   0 trackback

『エコポイント』『長期優良住宅』『リノベーション』『住育』。

顧客を獲得するためのシステムやマニュアル、間違わない家造りの本や情報。

20年前、自分が弟子の頃はな~んも無かった。

その頃に親方が建てた家は、今どうなってるかと言えば

しっかりと建ってる。


キズのつかない床や、お手入れカンタン設備機器、施工が楽な建材。

完全な家を目指し次々に出てくる新製品。

でも一人ひとり住む人が違うのに、完全な家など無い。

木造住宅なのに、一番削ってはいけない材料と手間を削る今の家。

そこでもう不完全な家。

見積もりの時点で方向性が間違ってる。


本来家は、不完全なもの。

木にいたっては最初は柔らかいが、1000年かけて木は強くなると聞いたことがある。

実際、リフォーム現場で80年や100年以上の家に使われている材料は堅い。

地棟や梁などに使われている松なんかは、堅くて釘が打てない時があるぐらいだ。


住む人と共に成長し老いていく家。

床はキズ付き、柱は汚れ、梁はひび割れてくる。

自然なもので造ればそれが自然なカタチ。


人も完璧で隙がない人よりも、どこか抜けた所もある

出来損ないの奴の方がなんだか温かい気がする。


欠陥住宅ではアカンけど、最初から完全な家など求めず

キズが付くのも家の年齢だと思い、手入れをしながら時間をかけて

自分らしい家にしていくのが日本の木の家だと思う。

反省

Posted by ダイツネ on   8 comments   0 trackback

最近つまらん自分がおるわ。

あかんな~


やりたいことやってるようでやってへん。

こりゃいかん。


背伸びもしとるわ。

一番あかんがな。


よしゃ!明日から気持ち切り替えや!

自分に似合うことしよ!

本棚

Posted by ダイツネ on   7 comments   0 trackback

タカガ漫画、サレド漫画。


日本の漫画はスゴイ。

何がスゴイかは先ず読もう。


数日前から、ブログ記事の左側に本棚を設置。

青春時代から今に至るまでダイツネおススメ漫画を紹介。

疲れた時、悩める時、ええ間取りが頭に浮かばん時、見積もりが通らない時

あーたの心のスキマを埋めてくれる。


紹介してる漫画の作者の中にスゴイ人がいる。

手塚治虫さん、吉田 聡さん、植田まさしさん、中崎タツヤさん。

やっぱり手塚治虫さんがぶっちぎりだけど、あとの3人もスゴイ。


『湘爆』で有名な吉田 聡さんですが個人的にはコッセツとラッキュウの

『スローニン』も超おススメ。

『かりあげクン』など4コマ漫画の植田まさしさんは

『フリテンくん』を小学生か中学生の時に床屋で読んだ記憶があるぐらい

昔から今でも活躍している漫画家。

『じみへん』中崎タツヤさんは、スゲーよ。

とまぁ、カンタンに説明してるけど、ほんまはもっと詳しく書きたい。

まだ本棚の中の名作漫画を、もっと紹介したいけど本日はこれまで。


中学の時に隠れて読んだ、どおくまんさんの『嗚呼 花の応援団』。

チョンワ、チョンワ、クエ!クエ~!と、今日はビール片手に、久しぶりに叫んでみるか!


タカガ漫画、サレド漫画。

アニマル対談

Posted by ダイツネ on   8 comments   0 trackback

『ツネさん今日はどこにおる?』と熊。

『今日は作業場におるで!』と熊。

『今から行きますわ~!』と、まるで知多半島に住んでるかのように

突然美浜に現れる浪花の熊

いつも思うけどスゴイ行動力だ。

さすが浪花の4WD


そこに獣臭を嗅ぎつけ、身の丈四尺五寸熊の調教師デークも参加。

久しぶりの再会に熱く楽しい午後となった。


デークが帰ったあと、まだぐりやんと話足らず晩飯に誘い我が家に直行。

大阪からわざわざ来てくれたぐりやんにと

名古屋フランス料理のシェフを呼び我が家でディナー。

メニューは『季節のホワイトブロック』、『白と黄色の太陽の恵み』、『大地からの贈り物パンプキン』

などなど、いつも口にする料理ばかりで申し訳なかった。


ブログから始まったぐりやんとの縁。

これからもまだまだ深く楽しくなりそうだ^^


ちなみに、ぐりやんおもてなしメニューをもうちょっとカンタンに説明すると

『冷奴』と『タマゴサラダ』と『かぼちゃの煮っころがし』です。

嫁さん美味い料理をいつもおおきに^^

Category :

ランチ

Posted by ダイツネ on   8 comments   0 trackback

半田市にある、高校の同級生がやってるお店

名古屋コーチンを使う炭火焼鳥屋『一期屋』さんに置いてある

木工倶楽部のチラシが、思った以上に反響がありうれしい!


一期屋さんでは夜だけでなく、昼はランチもやってるので

ランチに来ていた主婦の方などからの問合せが

チラシを置き始めてから2ヶ月ぐらいで3名あった。


マスターに聞くと、昼時ランチで賑わう店で

席を待ってる人が読んで、持ち帰ってくれているらしい。

木工倶楽部のチラシの他に

今年から始めた、ダイツネ工務店のニュースレターも置かしてもらってるので

宣伝効果を期待している。


協力してくれる同級生に感謝して、自分もたまにランチに行ったり

6月27日のナイスのバスツアーでは、昼食の弁当を頼み

お互い持ちつ持たれつで、同級だからこそええ関係を築いている。


木工倶楽部のチラシを、家に持ち帰ってくれるだけでも嬉しいのに

問合せが3件もある。

今までお店に置いたチラシの数は20枚程度。

費用はランチを何回か食べた3千円ぐらい。


3千部入れて問いあわせが2件!なんて広告入れるよりも、

コッチの方が効果はあるんじゃねえかなと思う。

今すぐ知り合いの店にランチを食べに行こう! ^^

信州の豪快おやじ

Posted by ダイツネ on   8 comments   1 trackback

昨日は地元の仲間が運転する韓国エステ号に乗り込み

お馴染み和楽のみんなのアイドル、デークと地元同級生でもあるオフィス ヴィジョンの社長、

仕事の相棒の山口建築さんのスットコドッコイ4人衆で信州に行って来た!

信州伊那谷と言えば、ご存じ『豪快おやじ』ことタッキーに会いたくて今回のツアーを計画した^^



浪花の黒熊と東海の白熊との縁から始まった信州山猿さんとの縁。

つながるもんは『樹』、『おやじ』、『気質』そして『志』。

そんなタッキーとの時間は短かったけど楽しく有意義な時だった。


今回は赤松を見たいと思い信州へ行き、実際に山と共に暮らすタッキーの話は

自分が知らないことばかりで、ええ話をたくさん聞けて良かった。

ブログや、ツイッターや、メールなど、その場所に行かなくても

今はリアルタイムで情報が入ってくる時代。

それはそれでええし、今はしっかりと活用するべきだと思う。

でも自分がその場所に行ったり、人に会うことでもっと広く知る事ができ

人に話すことも熱い気持ちが伝わるようになる。

これからも人との間に生まれた縁を大事にしていくためにも

縁を頼りに色んな人を訪ねたいと思います^^


そんなタッキーとの縁に感謝した1日になった。


タッキーさんと奥さん、タッキーさんの建てた家のお施主さん

そしていつも行動を共にしてくれる地元の仲間。

皆さん昨日は本当にありがとうございました!^^


画像を交えた詳しい様子は、またダイツネブログでアップするのでよろしく!



Category :

先輩

Posted by ダイツネ on   4 comments   0 trackback

先日、地元で兄貴と慕う先輩と久しぶりに話をした。

若い時から世話になり、いまだ頭が上がらない。

自分は悩みや思いを、あまり人に相談しないが

本当に困った時だけこの人の家を訪ね思いをぶちまけてくる。


『困った時こそみんなの前で涼しい顔しとった方がかっこええ!』と教えてくれたのもこの先輩だった。

そんな事を教えてもらってから困難が困難じゃなく思えた。


普段道ですれ違っても挨拶程度。

でも何かあれば親身になって厳しい言葉を掛けてくれる。

男のつきあいは1、2年連絡なくったって変わりはせん。

見えないものを噂するぐらいなら男は黙っていた方がええ^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。