スポンサーサイト

Posted by ダイツネ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贅沢な一年

Posted by ダイツネ on   15 comments   0 trackback

今年を振り返ると贅沢な一年だった。

たくさんの人と出会い、限られた時間を仲間達と有意義に費やし

やりたい事が多く叶った一年だった。

それでいて時間がゆったりと感じた。

ここ数年そんな感覚は無かった。

これもブログ仲間のおかげでもあります。

あいち住まいの職人NETにコメントや訪問してくれる方々

ほんまに今年も一年お世話になりました。

和楽へ参加してくれた方々もおおきにでした。

また来年あいち住まいの職人NETは、人一倍元気に発信していきます!

知多の大工のおっちゃんが気張りまんがな!^^


それでは!職人NETに訪れてくれた人や訪れて無い人も日本中のみんなに

良い年が来るように心よりお祈りします!^^

良いお年を!!


スポンサーサイト

耕す

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

今年も残すこと10日を切った。

そろそろ今年を振り返りたいとこだけど

もうちょい先になりそう。

12月に入り来年へ向けて新しく可能性が広がりそうな話がいくつか出てきた。


土を耕し、種を蒔く。

しっかりと育て実らせる。


普通にしてたら今は仕事が無い時代。

建築はさらに厳しい風が吹く。

最近、農業の発展が目に付く。

高額の野菜も売れている。

新しい取り組みが時代にあってるからだろう。

建築も同じ。


新しい取り組みの結果はずっと先の話。

その結果を楽しみに新しい事に取り組んでいる。

建舞

Posted by ダイツネ on   6 comments   0 trackback

本日、地元美浜町で建舞です!

構造材に天然乾燥させた愛知県産の杉材を使い

柱や羽柄材は全て国産材を使用しています。

プレカットに頼らず墨を付け、職人の技術を生かした手刻みの家。

材木の産地、木のクセ、材の大きさ、乾燥方法、継ぎ手など

手刻みだから出来る材木の管理や伝統技術を生かした家造りが出来ました。


天気が雪の予報で心配してたけど6時現在、雪も降ってなく建舞はやれるので一安心。

寒さを吹き飛ばすぐらい張り切ってきます!^^

点から線

Posted by ダイツネ on   4 comments   0 trackback



住宅

住まい



内地ヒバ

自然素材

環境

土間



三河杉

丸太

原木

シラス壁

障子



有機ガラス

ホームページ

忘年会

建舞

仲間

感謝

家。

みんなは何をつなげて線にしますか。


研修会

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

今日は午後からウッドライフさんの企画で、岡崎のパナソニック工場見学に行ってきた。

ここでは便器や洗面化粧台などを作っている。

便器といえば陶器というイメージが定着してるけど、パナソニックの便器は

新素材の『有機ガラス系』で出来ている。

この素材がとても良かった。

有機ガラス系素材は、システムバスの浴槽にも使われていて

岡崎工場のショウルームで実際に体験入浴してきたが

浴槽の肌触りも良く、高級感があって見た目も、素材感も素晴らしいものだった。

これは実際に近くのショウルームに行ってぜひ体感して来て欲しい。


自分の中で昔は、電工製品=高級というイメージで、実は今でもそう思っていたところがある。

担当の人達も、ちょっとお高くとまっていそうな感じ。

でも実際は今日担当してくれた方々はとても丁寧で分かりやすい説明をしてくれて

みんなええ人ばかりだった。

想像もイメージもあまり膨らませすぎるのもあまり良くないと大工のおっちゃん反省。


今日も色んな新発見と、提案の引き出しを増やすことが出来たんで

この企画をしてくれたウッドライフの太田さんとパナソニックの方々に感謝!

みなさんおおきにでした。^^





これから

Posted by ダイツネ on   7 comments   0 trackback

本日も忘年会。

今日の集まりは楽しみにしてるうちのひとつ。

弟子入りしてから通った夜間訓練校の同級生の忘年会。

その中にはブログ仲間でもあるデークもいる^^

毎年、今は40歳を越えたアホが6人集まって

あーでもねー!こうでもねーと、熱く楽しい夜になる。

もう40でなくて、まだ40歳。

過去じゃなく、これからの話題で盛り上がってきます!^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。