スポンサーサイト

Posted by ダイツネ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和 -waraku- 楽

Posted by ダイツネ on   5 comments   0 trackback

10月17日の建築仲間の集まりを、tarouさんが『和 楽』と名付けてくれた。

和を楽しむ。

『和』は、仲間の和でもあり和み、日本を意味する言葉でもある。

集まる人達に垣根や段差はなく、日々建築に汗や,鼻水を垂らして頑張ってる人が

ちょっと一服する時間と場所。

来たい人が、たまたま都合が合い参加する。

そんなポジションでええ。

参加する人それぞれに、会いたい人がいて、それが楽しみで集まる。

自分もそんな思いで和楽に参加している。

社長も棟梁も、上司も部下も、サラリーマンも職人も、

この日はみんな同じおっちゃん、おばちゃんになって、酒と建築の和を楽しもう!^^



 日時 :   2009年10月17日(土) 集合 16:00(温泉に入れます)  宴 18:30 スタート!

 場所 :   内海温泉 大東旅館  愛知県知多郡南知多町大字内海字一色70

 宴代 :   宴会、宿泊料金はダイツネまでご連絡下さい。



今回お世話になる大東旅館さんも地元の同級生に聞いたオススメの宿。

なんと宿から砂浜まで!5秒!!^^

ちょっと早めに来て、温泉に入ってのんびりも出来るのでええ時に来てくだせえ。

寄れる人はダイツネ作業場へ集合やで~!^^


大東旅館さんのホームページはコチラをクリック!

スポンサーサイト

ばらちゃん建築

Posted by ダイツネ on   3 comments   0 trackback

先日、大工仲間のばらちゃん建築こと、『榊原建築』のブログがスタートした。

若手の中では向上心と気が人一倍強く、自分とは馬が合う後輩。

今年の4月には事務所もオープンさせ、大変だがほんま頑張ってる。

そんな生真面目な性分の奴がブログタイトルを

『大工 ばらちゃん建築未来にむかってYES』とつけた。

・・・・・・。

うん。まぁええやろう。

YES。

うん。

ピーポーピーポー
またかいな

バラケンをよく知ってるやつはちょっとビックリするだろう。

しっかり前を見て突き進むバラケン。

迷いがあるからこそ後に強さが育つ。

バラケンよ! 今までとは違う方向性の可能性をブログでも増やそう^^


新しい仲間のブログはコチラ又は右の『榊原建築』のバナーをクリック!

みなさん一度訪問して、景気付けしたってくだせえ^^

再会

Posted by ダイツネ on   9 comments   0 trackback

来月の10月17日に、愛知のブログ仲間が再び集まる事が決まった。

集まるこの日は、厳しい情勢を生き抜く知恵を皆で話し合い、そして・・・・

な~んて事はいつもやってるんで再会を全身で喜び、ええ酒を飲みます!

心にええ酒を飲めば自然に出る話し。

それを皆で熱く語り合う。

これが愛知ブログの集まりの原点だと、自分もそしてtarouさんも思ってる。


今回も県外でクマ科のどんぐりさんも参加してくれるけど、もう一人無理だと思いつつ

1度会ったので調子こいて、千葉在住のビルダーナースさんにも声をかけた。

ビルちゃんが来てくれたら皆喜ぶと思うけど、無理せんように来てください^^

そのビルちゃんのセミナーが縁で、今回新しく2人の参加も決まってます。

縁とはありがたいもんです。


この日は地元の海の幸が、豊富な民宿旅館に泊まりで宴会をやるので

飲酒運転の心配もなく、心置きなく宴を楽しむ事が出来ます。

愛知県もしくは知多半島在住で、建築に携わって自分も参加したいと思ってる人は、

ぜひ勇気を持って1度コメント下さい。

そんな小さな一歩の出来事が大きな勇気となる^^

写真

Posted by ダイツネ on   10 comments   0 trackback

昨日は前田木材どんぐりさんが愛知まできてくれた。

目的は、完成したリフォーム現場の撮影。

今回前田木材さんの『カエデフローリング』を、初めて現場で使わせてもらった。

質は自分も目の肥えたお施主さんも納得の材。

無垢本来の持つ良さが、そこにあるだけで見る人の心を癒してくれる。



今回のリフォームは、国産材や、愛知県産材を多く取り入れ

建材を減らし、建具も建具屋さんと何度も打ち合わせをして

愛知県の杉を生かした在来建具を作ってもらった。

仕上げは自然塗料のリボスを2回塗り完成。

建具屋さんに作ってもらって値段が高いと思われがちやけど

実際は建材建具と同じかそれよりも安くてええものを作ってくれる。

また画像はダイツネブログでアップします。



それにしても写真を撮る難しさを今回ぐりやんに教えてもらった。

でもぐりやんから少しヒントをもらったので明日もう一度『写心』してきます。

ぐりやん今回もお世話になりおおきにでした^^



ダイツネブログまだアップしてないのでコチラをクリック!^^

日本

Posted by ダイツネ on   6 comments   0 trackback

まだ機械が無い時代の家は

自然の木・土・紙・草でそれぞれの職人達で家を造っていた。

木は大工や建具屋。

土は左官屋。

紙は建具屋。

草は屋根屋と畳屋。

時代は移り、家に使われる物も変わる。

木は減り新建材が増え土はほとんど使われない。

紙もビニールに変わり草なんて今の家では見ない家ばかり。

でも日本の住文化を支えてきたのは今仕事が激減している

左官、建具、畳屋さん達。

家を建てるなら職人を使おう。

そして自分ら職人達も使われる職人になろう。

日本の風土に合った家を、建てる人も、造る人も思い出そう。

素晴らしき1日

Posted by ダイツネ on   8 comments   0 trackback

今日はよく人と会い話をした。

朝1番、榊原建築が2連はしごを借りに作業場へ来て

お互いの近況の情報交換した。

榊原建築は自分の知ってる若手ではNO.1。

根性があってよく頑張っている。

自分も刺激を受けて頑張れる。

その後、日比野住設N君と打ち合わせ、集金、Aさんとの用事を済ませ

現場で水道屋さんと打ち合わせ。

打ち合わせが終わり作業場に戻ると今は独立して頑張ってる弟子が

いたので久しぶりに話をした。

試行錯誤しながらも頑張ってる弟子の様子を知り嬉しかった。

その途中で材木屋のマルイチさんも来て自分と弟子

マルイチさん2人の合わせて4人で建築の将来の話をした。


そして昼食・・・・。


昼からは更に濃い人と会う事になる。

兄弟のような付き合いのあるペンキ屋の丸トク塗装さんと

自然塗料リボスのためし塗り。

なかなかええ仕上がりに満足。

この丸トクとも濃い付き合い。

そして熱き材木屋の杉生 岡本さんが来て初取引をして毎度の熱き話し。

その途中今日会う約束のあったウッドライフプラスのこれまた熱き男の

マツシマ建築の棟梁と嫁さんも来て更に話はヒートアップ。

しかしさすがの自分も熱さに少し冷めてくたばりそうなところに

焼酎の焼酎割りのような濃い男  tarouさん登場!!


・・・・・・・・。

ドカーン ピーポーピーポー


今日1番の濃さだった。

今日も試合には勝ったかもしれないが勝負に負けた。

さすがはtarouさんや。


でも最後はtarouさんと2人でゆっくりコーヒー飲んでリラックスしたええ時間を過ごした。

tarouさん、色々とアドバイスもしてもらいおおきにでした^^

今日訪問してくれたみんなと楽しい時間を過し熱い心に触れた素晴らしい1日だった^^

矩計

Posted by ダイツネ on   7 comments   0 trackback

大工は家を建てる。

指矩(さしがね)と建竿(けんざお)で家を建てる。

建竿は指矩の長くしたもの。

建竿は2種類あり寸法をしるしたものと高さを記したものがある。

寸法を記した建竿は約4000mm×45mm×40mmの竿に1尺単位で記しをし

高さを記した建竿は矩計(かなばかり)と言い約4000mm×45mm×40mm竿に

材料や建具など色んな高さが書き込んである。

家ごとに矩計は違うので建てる時に毎回作るのが矩計です。

こうした技術や知識は昔から受け継がれてきたけど

しかし今家を建てるのはほとんどプレカット。

矩計を作り墨して刻まない家がほとんどになってきている。

工場の機械で材料を刻み後は現場で大工が組み立てるだけ。


指矩は道具屋で売ってるし建竿は寸法を竿に写せば誰でも作れる。

しかし矩計は修行をして経験を積んだ者しか作ることが出来ない。

このまま大工までプレカットに頼ればあと何十年かで矩計を作り

墨して刻める大工が居なくなってしまう可能性がある。

歴史ある日本独自の美しい建築の工法を自分達の世代で

消さないためにも墨して刻もう。

大工にしか出来ない家造り。

自分達の親方の教えが今生きる時。

大手メーカーと競うのではなく自分を磨こう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。