スポンサーサイト

Posted by ダイツネ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救日

Posted by ダイツネ on   0 comments   0 trackback

今日は、来週の日曜日やるお祭りの祭礼費を、コツネと散歩がてら払いに行って、

A様邸の現場確認、コツネと浜遊び、家族でぶらっとしまむらへ行き、

お袋が作った小女子(こうなご)の天ぷらと佃煮を取りに行って、

旬の幸で晩飯を食べた。


休みに救われる日。


こんな一日が、また明日から頑張れる糧となる。

これでいいのだ。

これがいいのだ。


ケセラセラ


スポンサーサイト

facebook

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

2008年2月ブログを始めて、ホームページを作成。

2010年にツイッターを開始。

そして今年2011年facebookを始めた。

最初は点で始まった事が、今は見事な線となってる。


ツイッターやfacebookがスゴイのは、連動しているところにある。

ブログの更新はツイッターで自動的につぶやかれ

ツイッターでつぶやいた事はfacebookにアップされる。

最終的にはブログの更新もfacebookでアップされている事になる。

そしてホームページはJimdoを使っているので

シェアボタンやウェジットを設置しておけば全部つながってしまう。

そしてこれが全て無料サービスなのだ。

これでいいのだ。

えらいこっちゃ。


最初は、やってる人とやってない人の差はほとんど無く

自分も無意味な事してるな~と思ったけど

2年、3年、5年と過ぎていくうち差は歴然。

先ずは行動。

あーでもねえこーでもねえは、やってから言おう。


リノベーション

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

『増改築』

『リフォーム』

『リノベーション』



何がどう違うのか色々調べてみた。

増改築とリフォームはわかるが、リノベーションとは

『既存の建物を時代の変化に対応させ、機能・性能を向上させることで、
建築物の資産価値までも高める、それがリノベーションです。
住んでいる人、所有している人がより満足するように行う改修』



リフォーム=小規模工事(クロスや床などの張替、設備機器の入替、修繕など)

リノベーション=大規模工事(冷暖房や換気設備の入替、間取りの変更、デザイン性の変更など)

というのがひとつの解釈。


リフォームとリノベーションを比べ、大きく違うのは

都市や環境にも配慮した住まい造りや、家の資産価値を高める改修が

リノベーションになる。


実際、大工はこういう情報に疎い。

自分もリノベーションてやなんや?と向き合ったのは一ヶ月ぐらい前の事。

仲間の大工に聞いても一人も知らんかった。


現場の事よりも、提案や、流行の言葉ばかり先行してしまいがちな今の住まいつくり。

でも、色んな提案力を持ってないと淘汰されてしまう。


どちらかに偏らず、バランス良く提案もでき、施工も出来る大工や工務店。

日本の住まいの古き良き伝統や、技術も残しつつ、新しい事にも取り組む。

そんな工務店に自分はなりたい!^^


ダイツネの次の現場は半田市で『リノベーション』に挑戦です!

不完全な家

Posted by ダイツネ on   3 comments   0 trackback

『エコポイント』『長期優良住宅』『リノベーション』『住育』。

顧客を獲得するためのシステムやマニュアル、間違わない家造りの本や情報。

20年前、自分が弟子の頃はな~んも無かった。

その頃に親方が建てた家は、今どうなってるかと言えば

しっかりと建ってる。


キズのつかない床や、お手入れカンタン設備機器、施工が楽な建材。

完全な家を目指し次々に出てくる新製品。

でも一人ひとり住む人が違うのに、完全な家など無い。

木造住宅なのに、一番削ってはいけない材料と手間を削る今の家。

そこでもう不完全な家。

見積もりの時点で方向性が間違ってる。


本来家は、不完全なもの。

木にいたっては最初は柔らかいが、1000年かけて木は強くなると聞いたことがある。

実際、リフォーム現場で80年や100年以上の家に使われている材料は堅い。

地棟や梁などに使われている松なんかは、堅くて釘が打てない時があるぐらいだ。


住む人と共に成長し老いていく家。

床はキズ付き、柱は汚れ、梁はひび割れてくる。

自然なもので造ればそれが自然なカタチ。


人も完璧で隙がない人よりも、どこか抜けた所もある

出来損ないの奴の方がなんだか温かい気がする。


欠陥住宅ではアカンけど、最初から完全な家など求めず

キズが付くのも家の年齢だと思い、手入れをしながら時間をかけて

自分らしい家にしていくのが日本の木の家だと思う。

ツイッター

Posted by ダイツネ on   11 comments   0 trackback

先月の4月19日に登録して今日やっとつぶやいた。

ブログにしても、ツイッターにしてもカンタンで誰でもすぐに発信!とあるが

おっさんらには結構険しい道程がある。

その道程で、にっちもさっちもいかなくなると

もうツイッターとオナッターズの区別も出来なくなり

『まあ いらんわー!!』となる。


自分も当然『まあ ええわー!! 』となり1ヶ月以上放置。

二度とやらんと変にムキになっていたけど

とやかく言うのは経験してから言おうと思い、再び挑戦!

なんとか今日つぶやく事が出来た。


ドンドン石頭になってきている自分。

おっさんが歩くのやめたら待ってるのは老いだけ。

ブログと同じく、ツイッターも楽しみ見つけてやってみます^^


つぶやきの様子はコチラ !

ウッドライフプラス

Posted by ダイツネ on   10 comments   0 trackback

昨日はダイツネも参加しているウッドライフプラスのイベントが開催された。

夏祭りにご来場された方々ありがとうございました!


ウッドライフプラスでは、知多半島の12の工務店が集まり年2回イベントを開催している。

12社それぞれがブースを出して、自社をアピールできるようのもこのイベントの魅力のひとつ。

自分は今回で3回目の参加になるけど、今回が1番手ごたえのあるイベントとなった。


こういった活動に参加してみるのも自分にとってもええ経験や勉強になる。

でもこれを仕事につなげていくことはまだまだ難しい。

その答えはいくつもあって、ひとつもないかもしれない。

でも答えのヒントやひらめきはたくさんこのイベントに埋もれていると思う。


1,5坪のブースにダイツネ工務店の思いはしっかりと託したつもり。

このイベントの結果はまた報告していきます^^

イベントの様子はダイツネブログでまた紹介します!


☆ 知多半島の半田市、常滑市、武豊町、美浜町、南知多町で頑張る工務店さんで

  なにかキッカケを探している方はぜひ『ウッドライフプラス』に参加してください!

床台

Posted by ダイツネ on   8 comments   0 trackback

ウッドライフプラスに参加して1年が過ぎた。

イベントも5月16日にあるが、これで3回目の参加。

メンバーはオリジナルのブースで自社をアピールする事ができる。

その他にも建材や住設メーカーが協賛してブースを出し

家族が楽しめるイベントも盛りだくさん。

でもただ参加しているだけでは仕事につながらない。


ブースでのアピールも今の家と同じで、デザイン性や価格重視でやってしまうと

表面だけのオリジナルになってしまう。

前回の教訓を生かして今回のダイツネブースのテーマは

訪れる人と縁が生まれるブースにしようと考えている。


床台に座り自分達が子供の頃に住んでいた家を思い出すような

そんなブースになればええな~^^

知多半島の材木屋

Posted by ダイツネ on   6 comments   0 trackback

知多半島でも材木・建材屋さんが新しいカタチの工務店サポートに取り組み始めている。

和楽でもお馴染みの日比野建材さんでは昨年の4月から始まった

工務店にメールで届く『日比野ビジネスリポート』も1年が経ち、今もしっかりと配信されている。


銘木木材 マルイチさんは木に対して本当に真面目。

そしてすべての対応が早い。

こだわりの材料が欲しい人はおススメです。

営業はヘタだが若く正直な営業二人がすぐに駆けつけてくれます^^


ウッドライフさんは地域密着型大工ネットワーク『ウッドライフプラス』の動きが注目されている。

年2回開催するイベント ウッドライフプラス祭りは次回5月16日に半田市で開催予定。

興味のある人はウッドライフホームページを見てください。


先日、事務所に来てくれた名東木材さんは時代の先端を走ってるような材木屋さんだった。

まだ知らない事が多いので情報は名東木材ホームページを見てください。

後日また会う機会があるので詳しいことはまたブログで書こうと思ってます。

各材木屋さん共まだこれは一部でその他にも色々サポートしてくれている。

大工、工務店、設計事務所さんらは要チェックです。

知多半島以外でも杉生さんや岡崎製材さんも独自の工務店サポートを展開している。


こういうサポートは工務店としてはありがたい事。

そして工務店もサポートを受ける恩返しで応援すべきである。

要は人と人。

ここが肝心。


人で忘れてならない材木屋さんもあと約2名いる。

4WD木材豪快木材の二人

愛知にも二人のようなタイプの材木屋が現れたら荒れて面白くなると思う^^


工務店や大工と同じ課題でもある、材木屋さん同士も横のつながりの良い結束を期待します!

住宅版エコポイント制度

Posted by ダイツネ on   3 comments   0 trackback

先週の土曜日に建材屋さんの初市があり行ったら

たまたま『住宅版エコポイント』についての説明会をしていたので

しっかりと聞いてきた。

今年の大きな関心のひとつだけに大賑わいかと思えば

ガラガラ。

お施主さんにとってお得な制度なので工務店は対応が必要だ。

ぜひ講習や説明会があったら参加しよう^^



今年、カテゴリを増やしてみた。

ブログの名前で

あいち。

住まい。

職人。

ネットワーク。

今年はもう少し『あいち住まいの職人NET』の幅を広げたい。

そしてもうひとつ忘れちゃいかんのが

脱線。

これも職人NETもうひとつの顔。

トンチとパンチの効いた情報をダブル発信^^


良いお年を!

Posted by ダイツネ on   18 comments   0 trackback

今年ブログを始めてたくさんの事を教えてもらった。

自分の世間の狭さや偏った考えを気づかせてもらったり

人の繋がりや信じる事を続ける大切さなど今から向かう方向性を

しっかりと定める事が出来ました。

全てがプラスだった。

1番大きな事は出会い。

たくさんの人と出会える事がとても楽しかった。

その裏で別れもあるけどまた機会があれば

この愛知住まいの職人NETに遊びに来てほしいです^^

また来年は新しい出会いが待ってます。

自分はさらに前へ前へと進みます。

そういう気持ちをもっと大人に持って欲しい。

そうすればもっと世の中は元気になる。

来年はさらに元気になってまた皆さんと会います!

今年最後になりますが今年はあいち住まいの職人NETを

かわいがってもらって本当におおきにでした^^

訪れてくれた人や訪れて無い人も日本中の

みんなに良い年が来るように心よりお祈りします!^^

良いお年を!!

気分転換

Posted by ダイツネ on   7 comments   0 trackback

今とてもバタバタしている。

ジタバタ君や。

何をするでも時間が無くなんやジタバタ。

こりゃいかん!と思い作業場で一服の時にウクレレを

弾くようにしている。

事務所にはギターとウクレレが置いてあり

前はよく弾いていたがここ1年ぐらいさわってもいなかった。

下手くそだけどやっぱり楽器は楽しい。

一服の時も仕事の事を考え段取りをして携帯電話で

誰かに電話している。

でもその10分ぐらいの時間をウクレレを弾いて気分転換する。

それだけで何か気分が良くなり仕事のリズムやテンポも

良くなったような気がする。

忙しい時だからこそ必要な気分転換。

例え短い時間でも手を休め気持ちを落ち着かせる

事が仕事をスムーズにしてくれる。

またウクレレにハマりそうや!

それに2本もウクレレ持ってるのにもう1本欲しくなってきた~!

よし!嫁はんに内緒で買ってしまおう!

これも仕事の気分転換の為や~!

みんなはどんな気分転換してるかな?^^

歩み寄り

Posted by ダイツネ on   24 comments   0 trackback

先日仲間の増築と屋根替えの応援に行ってきた。

手間請けの仕事で監督さんのいる現場。

その監督さんは若い女性だった。

監督さんは明るくて仲間の大工とも親しくし

現場のムードも和んだ感じでいい環境だった。

最近は建築業界にも女性の人が活躍しているのをよく目にする。

近所のペンキ屋さんでは娘が跡を継ぎ今ではバリバリの職人として

父親を助けニッカ穿いて頑張ってる。

自分がお世話になってるリフォーム会社の営業の女性陣は

みな昔娘だった人達ばかりだが明るくて次々に仕事を取って来ている。

建築現場は男社会で長年きているが

現場や営業でも女性の持つ柔らかさだとか気配りなど

自分ら男では考えつかない発想もあり勉強になる。

このブログにも女性が訪問してくれてますが

大工の旦那さんを裏で支える嫁さん達や建築事務所で働く方

建築業界を女性の観点から見てわかりやすく経営の方向性を

導いてくれる人や自分で家のリフォームに挑戦する人など

環境や係わり合い方などは違えども同じ建築業界の仲間である。

小規模ビルダー間の垣根だけでなく男と女の垣根も低くし

仕事の面でお互い分かりあえる歩み寄りが必要だと思います。

家では分かりあえん事も多いかもしれんけど

仕事の面では同じ志を持ったもの同士仲良くしていきましょう^^




そして今日の旬なブログはコチラ^^とコチラ^^!



TREviewにほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ←ランキング参加中!











職人ブログ

Posted by ダイツネ on   28 comments   0 trackback

あいち住まいの職人NETを始めて丸3ヶ月経ちました。

最初は数人だった訪問者もコメントも今では皆さんの

おかげでたくさんの人が訪れたりコメントを残してくれます。

本当にありがたい事です。おおきに!

このブログにコメントを残してくれる人の顔ぶれを見ると

設計士さんや職人、現場監督さん、地域工務店、経営コンサルティング

営業関係、職人のお嫁さんなど建築に関わる多様な顔ぶれです。

自分のブログ活動は記事を書く事の他に新しい出会いを

見つける事でもあります。

何か感じる記事があればコメント残してきますが

特に建築職人ブログを探しまわってコメントを残すようにしている。

しかしこの建築職人ブログがとても少ない。

そして一方通行なブログが目立ちます。

そういう自分も同じでした。

今このブログへ来てくれる職人はコウリョウさんペンキ屋さんakiさん

なりさん大工の小言さんがいますが

建築職人ブログを100サイト以上回って全てにコメントしたわけではないけど

色んな状況の中で友好関係を結び始めてもらってます。

自分はもっと職人の人にこのブログの利用や活用をして欲しい。

自分の至らない記事を読んで欲しいのではなく

ここに集まる人達のコメントやブログに自分ら職人の知らない事がたくさん書いてある。

自分の仕事で悩んだり方向性が見えない時に何かヒントになる事が見つかるかもしれん。

人は人と繋がり心通じ合う事で輝き成長します。

職人は偏った付き合いでなく各分野の専門の話にも耳を傾けてみよう。

何十年もその仕事に携わっている人達も自分らと同じその分野の『職人』です。

オオカントクさんが心の囲いについてすばらしい記事を書いてます。

心の囲いを取らなくてもええから先ずは高さを変えてください。



そして今日の旬なブログはコチラ^^とコチラ^^



TREviewにほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ←ランキング参加中!


昭和

Posted by ダイツネ on   23 comments   0 trackback

このブログに集まる人達はおっちゃんや昔は娘やった女の人が多い。

バリバリの昭和の子供やったね。

そういう自分は1967年昭和42年生まれの40歳。

自分の小学校は1学年1クラスで全校生徒180人ぐらいやった。

出席番号も苗字のあいうえお順でなく生まれ番号順。

4月生まれが1番でわては11月なので6番やった。

4年生になると男も女の子も部活が始まるけど

男は全員『ソフト・サッカー部』に入って女の子は全員ポートボールをやってた。

なぜソフトサッカー部なのかと言うと正確には

春は陸上をやり夏はソフトボールで冬はサッカーをやるからソフト・サッカー部でした。

冬にサッカーをやってると手や耳や足にしもやけができ

かゆい思いをしたこと憶えているけど今の子供はしもやけ知らずだ。

自分の子供もしもやけになった事が無い。

ストーブにしもやけをあてながらストーブの上で豆やいもを煮ているのをつまみ食い。

家族でコタツに入りTVを見てみんな笑ってる。

おねーはザ・ベストテンの誰かの歌をテープレコーダーに録音するから

みんな静かにして!と怒ってる。

今よりもずっと何も無い時代だったけどのんびりしてた。

今は便利だけどなぜかあわただしい。



そして今日の旬のブログはコチラ^^とコチラ^^


TREviewにほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ←ランキング参加中!


何が来る?

Posted by ダイツネ on   6 comments   0 trackback

ここ何年か昭和レトロが流行っている。

居酒屋や地域活性化などにもこの昭和レトロが多く使われている。

しかし最近は珍しくも無く『またか』という感じがする。

時代は繰り返しやってくる。

次は何がくるのか?

大工職人さん達は自分の家造りの信念に基づくのも大切だと思うけど

世の中の動きに敏感であるのも大事やと思う。

さあ、次は何が来ますか?


情報収集する

Posted by ダイツネ on   5 comments   0 trackback

膨大な情報社会。

住まい職人や大工さんも情報収集は欠かせないものです。

しかし建築で扱うものも膨大にあります。

その中で『住まいNET』では紹介する情報のキーワードを決めてます。

『意外性』。

『将来性』。

『専門』。

今日紹介する2つは右のリンクの欄にもある

『無垢フローリング 木の香 Konoka』さんと

『Joy us!(ジョイナス)~何か面白いことを探して~』さんです。

木の香さんは木材に関する知識や情報がたくさんありとても勉強になります。

木の呼称だけでなく知識も大切だと自分も再認識しました。

それからジョイナスさんはインテリアのコーディネートなど紹介してます。

他にも日本ならではの住まい文化など面白い記事が紹介されてますよ。

1度訪問してみてください!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。