スポンサーサイト

Posted by ダイツネ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段と扉とダイツネ

Posted by ダイツネ on   3 comments   0 trackback


二階建てには階段。

部屋には扉。



もうなん百年もそうしてる。


そこをそろそろ変えたいと思う大工のダイツネ。

スポンサーサイト

5年目

Posted by ダイツネ on   0 comments   0 trackback

再出発をかけた2008年。

年が明ければ丸五年の道程。

少し振り返ってみよう。

何が必要で、何がいらないか。



いや、ちょっと違うな。



何を残し、何を消すか。


ここいらで整理。





残りの一歩

Posted by ダイツネ on   0 comments   1 trackback

追ううちも追われるうちも、それはもともと縁が無い事。

縁がある人とは、互いに惹かれあっていく。

相手の事ばかり考え過ぎて、自分自身を見失う。

最近そん事も多い。

一日一歩。
三日で三歩。
三歩進んで二歩下がる。

どんなに凹んだ日でも気持だけは前へ。

下がるのは二歩止り。

残りの一歩は前向きな気持ち。

ここを下げたらあかん!

もっと自分を磨き上げ、自分らしさを持とう。

木の家

Posted by ダイツネ on   0 comments   1 trackback

                   

とふれあうと
                                  

 にふれたくなる。
     
                                    
                                                       
       そしてに行き                         


木の家にみたくなる。  
            


木の家つくり




夢の途中

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

寝る前に、YOU TUBUで懐かしい音楽を、まだまだ探し聞いている。

これがまた面白くハマる。


最近良かったんは来生たかおの『夢の途中』や

ノーランズの『ダンシング シスター』!



夢の途中は薬師丸ひろこが歌う『セーラー服と機関銃』原歌で

中坊の坊主頭で電車に乗り映画を見に行った覚えがある。



ダンシング シスターは英語も知らん小学生の頃

『♪ア~メ~ナムーン ホーダンシン~ ロマシン~ ウーア ギビニホークサ~♪』と

ギビニホクサーなんて言うとらんのに、そう聞こえてたガキのころ。


ドリフの全員集合で初めて見て

ボーカルのお姉さんの可愛さに度肝抜かれた記憶が鮮明にある。


いい歌は時代を感じさせない。


伸るか反るか

Posted by ダイツネ on   2 comments   0 trackback

やりたい事が出来ずに、どうしたもんかと考えているうちに、
また色んな事を頼まれる。
無理な事はハッキリと断るけど
頼まれるとあまり嫌とは言えない性格なので、ついつい受けてしまう。


今日もそんな話を、ある方が事務所まで来て持ってきてくれた。
数年前までは顔は知っていても、事務所に来ていただくなんて無かった人です。
『なぜ自分にそんな話を?』と思ったら、
『前向きな人を対象に伺ってます』と言っていた。

なるほど。

今までは、うちに来なかったんではなく、自分が何もしていなかっただけ。
カンタンな事だけど、今日気付いた。
最近、今まで無かった話や誘い、相談が増えてきたのもこれだったのか。


自分がその何かをやり始めて5年目。

ようやく人の目に映るようになってきたんだと思うのと、長かったと実感。

マイナスから始まった5年からすると、ようやくスタートライン。

今日来た話に伸ってみよう^^


Category :

救日

Posted by ダイツネ on   0 comments   0 trackback

今日は、来週の日曜日やるお祭りの祭礼費を、コツネと散歩がてら払いに行って、

A様邸の現場確認、コツネと浜遊び、家族でぶらっとしまむらへ行き、

お袋が作った小女子(こうなご)の天ぷらと佃煮を取りに行って、

旬の幸で晩飯を食べた。


休みに救われる日。


こんな一日が、また明日から頑張れる糧となる。

これでいいのだ。

これがいいのだ。


ケセラセラ


思い出

Posted by ダイツネ on   0 comments   0 trackback

常滑の建具屋さんからの帰り道、久しぶりに旧道を通って帰った。

常滑は、親父の在所で子供の頃はよく連れてきてもらった。

広い道ができ、ほとんど旧道を通る事がなくなったが

昔の面影が多く残る街並みは、懐かしくもあるが

店のシャッターは閉まってちょっと寂しさもある。


日曜日には、伊那製陶(現LIXIL)に勤めてオヤジについて

工場内を見たり、その帰りに親戚の家に寄ったりと

常滑には楽しい思いがある。


あれから30年以上経った自分も、いつの間にか親父になった。

自分は子供に何を残すだろう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。